坂の上に住みながらうつろう日々を眺める、ある羊のつれづれ。


by cinamon0108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ひとりごと( 53 )

秋のお買い物。

来月友人の結婚式に招待されています。
気候の良いこの時期には多く
気が付けば私も
まもなく結婚1周年。
早いなぁ・・・。
コヒツジさんを母乳のみで育てているため
出席するか否かだいぶ迷っていたんだけど
搾った母乳を哺乳瓶であげてみたら
あっさり飲んだので
よし、と。
あとは同居人さんに練習させるのみ。
しかし哺乳瓶は
母乳ほど力を要せず飲めるらしく
100ml(ってそれなりに量があるんだけど)飲み終わると
何か物足りないけどお腹はいっぱいだなあ
変だなあという顔をしています。

来年の3月にも妹の結婚式があるので
せっかくだし、と
母乳を搾って母に見てもらって
式服を買いに行ってきました。
ほんの2,3時間だったけど
ちゃんとした服屋さんに入って
店員さんと話しながら
試着して買ったのがかなり久しぶりだったので
楽しかったです。
妹行きつけのその店
可愛いんだけどそれなりのお値段のものが多く
接客してくれた店長さんについても
妹曰く
「言ってることは説得力あるんだけど
値段が高いから何か買わされてる気がするんだよね」とのこと。
確かに。。
値段のことは同居人さんには
内緒にしておこうと思っている次第です。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-09-25 10:30 | ひとりごと

新婚さんの賞味期限。

昨日おとといと
同居人さんが私の実家にやってきました。
ほぼ1ヵ月ぶりに会うので
すごく楽しみにしていたのだけど
そういうのはすぐに時間が経ってしまうもののようです。
あっという間に帰ってしまって
今日からまた
ひとりなのです。
次にやってくるのは
2週間ほど後の出産の時になると思われます。

あと2週間で
コドモが産まれて
2人から3人家族になって
私はハハになって
同居人さんは父になるのだけど
実は今更ながら
これがものすごく複雑な心境なのです。
いったい何がどうで、とか
全くうまく説明できないのだけど
まだ新婚なんです。きっと。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-06-26 13:56 | ひとりごと
実家に帰ってきて以来
音楽から遠ざかっています。
ただ単にこの家に
音楽が聴ける媒体がほとんどないからなんだけど。
その代わり
テレビだけはちゃんとしているので
私はとてもテレビっ子になりつつある今日この頃。

最近
懐かしの『トムとジェリー』が放送されています。
小さい頃、妹といつも一緒に見てました。
ほとんどセリフがないのに面白いのって
すごいと思ってた。
懐かしく見ております。

そういえば
昔見てたときには
本編が始まる前に
前髪が赤くて耳が黒い
じいさんっぽい喋り方をする犬が出てきて
ペンキで背景をしゃかしゃかっと描いて
話が始まるのがすごく気になってたんだけど
これを妹以外の人は誰も分かってくれない。。
絶対あったと思うんだけど
あの犬はなんだったのかしら。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-06-23 09:37 | ひとりごと

赤いにわとり印。

理由は全く分からないのだけど
蚊に刺されると
非常に痕が残りやすい体質を持っています。
蚊に刺されたら痕が残るのは
当たり前な気もしますが
多分
普通の人よりそれがかなり顕著なのです。
掻くと相当に残るので
どんなに痒かろうとも
掻かずに我慢しているのですが
一度も掻かなくても
結局長いこと痕が残る。。
なので
蚊は本当に大嫌いです。

最近は
蚊取りもいろんなのがあって
家では電池式のを使っているのだけど
実家に戻ってきてから
寝るとき以外はもっぱら蚊取り線香を愛用中。
煙たいとか匂いが付くとか
デメリットもありますが
最近の液体を電気や電池で温めるやつより
体にはまだ悪くなさそうな気がしてます。
一部屋に
二か所くらい焚いてみたりするので
煙が漂いすぎと言われることもありますが
蚊に刺されるのに比べたら
私としてはずっとましだと思うんだけど。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-06-14 12:58 | ひとりごと
最近しばしば
手紙を書いています。
宛て先は専ら同居人さんです。
実家に里帰りしてから
1人さびしく残っているらしい彼に
前以上に暇な私は
手紙を書こうと思い立ち
雑貨屋でポストカードも購入。
本人曰く、
乾ききった心に一滴のオアシスが。とのことなので(バカだわ。。)
どうやら喜ばれているようです。

元来
手紙が好きで
取り立てて用事がなくても
何となく書きたくなってしまいます。
メールは本当に便利で実に楽なツールだと思うけど
手紙が届く、というのは
メールにはない特別感な気がします。
そして個人的には
切手選びが
ささやかな楽しみなのであります。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-06-12 09:30 | ひとりごと

みんなでごはん。

先週より
妊娠9ヶ月に突入し
いよいよ、今週末に実家に帰るのであります。
どうやら雨のようなので
足下が悪くてちょっと嫌なのだけど。
一人でも帰れるような気がしていたのですが
電車で1時間+新幹線で2時間の道程が
傍から見るとどうやら不安らしく
同居人さんも一緒に
実家まで行ってくれることになりました。

結婚して半年以上が過ぎますが
いまだに相手の実家に行くのには
ややナーバスになります。
やっぱり自分のうちとは違う雰囲気に
馴染むのは難しい。
もちろん
それは同居人さんも同じらしく
すでに何となくそんな空気が伝わってきます。
しかし今回は救世主(?)が!
帰る日にちょうど
私の妹とその彼氏がいるようで
妹とは心置きなく話が出来る同居人さんは
少しは肩の荷が下りるでしょう。

とは言え。
初対面の同居人さんと妹彼氏。
そして私の両親含めた6人で
食事をするという初の試みが
一体どんな空気を生み出すのか
謎でもあり不安でもあり
しかし
楽しみでもあります。
実は結婚前に
向こうの両親とお兄さんとその彼女と
同居人さんと食事をしたことがあって
しかし
ものすごく食が進まなかったのを覚えていたりするのだけども。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-05-23 12:38 | ひとりごと

男の純情。

大学の時に知り合って
随分と仲良くなった友人がいます。
まめに連絡を取り合うわけではないのだけど
私にとって相当心許している数少ない一人です。
彼女にはかれこれ5年以上付き合って
今では同棲している彼氏がいて
ふたりとは同居人さん含めて
大学時代から兄弟のような、
言い換えるならば空気のような関係だったりします。

その友人が彼氏と別居することにしたとメールをくれました。
私にとってはそのふたりのお陰で
実は結婚にまで至ったようなものなのですが
友人として彼女の意志の強さをよく知ってるだけに、
そしてもうコドモでもないわけで
それに対して私が意見することもないと思う一方
単なる別居で済むのか否か
複雑な心境です。
しかし
その彼氏から別居話を聞いたうちの同居人さんの
動揺といったら。
男同士、どんな話をしたのかは分かりませんが
私より余程気にかけている様子なので
自分が冷たい人のような気がしてきました。。
世の中の男の人が皆そうだとは思わないけれど
純だねぇ・・・と
新たな一面を知ってしまった感じです。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-05-09 21:53 | ひとりごと

4月を飛び越える。

気が付いたら
今日は5月なのでありました。
取り立てて何か変化があったわけでもなく
4月のブログは放ったらかしでしたが
一応お花見もしたり
暖房器具を片づけてみたり
それなりに
季節を感じているつもりなのだけど。

5月に入ったから、というわけではなく
今朝たまたま
出勤前の同居人さんが
ネットで調べモノを始めたので
それに乗じて
書き込んでみたわけです。
心機一転していないところが何か情けないような。。

とりあえずは近況でも。
1 妊娠は8ヶ月目になっております
  オナカがでかくなってきました

2 あと1ヶ月で実家に帰ります
  
3 あさって東京から来る友達とフットサル観戦してきます
[PR]
by cinamon0108 | 2006-05-01 08:42 | ひとりごと

車がきた!

先日、我が家に新車がやってきました。
結婚式費用以来の高い買い物でしたが
ローン組むのもねえ、、ということで
現金一括払ってみました。
自分の車を持つのが夢だった同居人さんは
会社から帰るたびに
車乗りたい・・・。とベランダから駐車場を眺めております。

半ペーパードライバーだった私も
必要に迫られてぶんぶん運転してますが
はたから見てるとどきどきらしい。。
しかし今週末は
有馬温泉に出かけるのです。
運転は交代制でね、と言われておりますが
助手席ではどうか眠らないで欲しい。
まあ向こうに言わせれば
早く安心して寝させて欲しいそうですが・・・ぐう。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-03-15 08:00 | ひとりごと

七分袖の憂鬱。

ここ2・3日
突然暖かかったので
必要以上の重ね着から脱却しようか迷っているのですが
また寒くなるのでしょうか。。

重ね着と言えば
私は七分袖が苦手です。
七分袖の上に長袖を重ねて着ると
二の腕くらいまで上がりませんか、袖が。
あれが気持ち悪くていらいらするわけです。
直すのもまた面倒くさい。
世間に出回っているいわゆるババシャツも
ほとんどが七分袖で
暖かいのはとっても分かるのだけど
七分袖、というだけで抵抗があるのです。

しかし結局今日も
その暖かさに負けて着てしまっている自分が
何となく情けなくもあったりします・・・。
[PR]
by cinamon0108 | 2006-02-16 11:29 | ひとりごと